「子どものあそびをキャッチ」をテーマに、子どもの力を感じあうことを大切に、交流会、意見交換会、情報発信等を行っている。http://www.kojoken.jp/


by kodomoasobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

じゃんぐる幼稚園

GW明けてすぐの7日の日に、長居公園で活動されているジャングルようちえんに行ってきました。この日はお天気もよく、緑いっぱいの公園にいるだけ気持ちいい~。
 はじめに、「いろんな場面が見えると思いますが、見守っていてくださいね。」と聞かせていただき、わくわくしながら遊具のないところにみんなで移動しました。場所が決まったら、シートを敷いて荷物を置いて、あそびの時間。
草や花や枝や石や砂…から楽しいあそびが広がり、こどもたちの関わり合いが生まれます。
そんな中、こどもたちからのキャッチしたできごとをご紹介。

枝についている葉っぱで、お友だちの頭をバサバサと、なでているのか…叩いているのか…、されている子は、じっと我慢しているのか…気にならなかったのか…、でもしばらくすると「目に当たるからやめて!」と何度か伝えていた。でも、やめようとしなかったお友だち、とうとう枝の取り合いに。。。横ではママたちが、黙って様子を見守っていました。おとなが何も言わなくても、こどもたちで解決。おとなが声を出さなくても保育ってできるんだな~と感じました。(N)
 
 数人で遊んでいるところに1歳(もうすぐ2歳くらい)の子がやってきて、使ってたおもちゃを貸して欲しいと手を出した。持っていた子(1歳)はいやいやと意思表示すると、側にいたお姉ちゃん(4歳)が、別のおもちゃを貸してあげていた。
また、別の子が砂場に入ろうとすると、「入ってこないで!」と砂場にいた子。いっしょにいたおとなたちは口は出さずに見守る。沈黙の中、もう一度「入ってこないで!」と。しかし、しばらくするとその子は中へ入って遊びだす。お互い何か言うとか言い返すとかいうこともなく。(F)

おとなもこどもも遊びの中でたくさんのことを学び育ち合っていることに、改めて気づかせていただきました。
[PR]
by kodomoasobi | 2013-05-24 16:56
堺市堺区の広場に、おじゃまんぼう!
http://sakaimachikado.sakaitriangle.com/index.html

堺のまちかどで「新聞あそびをするよ~」と声をかけていただき、おじゃまんぼうに行ってきました。
ポツポツしていた雨がだんだん本降りになっていったお天気でしたが、その雨の中あそびに来てくれたおともだち。いつものようにお気に入りのおもちゃであそんでいると、新聞が登場。はじめのお花やかぶとつくりは、おかあさんの横でちょこんと見ていた少しおにいちゃんのおともだちも、びりびりがはじまると、だんだん前に出てきてエキサイト。新聞の紙吹雪の中でヒーローの○○マンに変身したのか、顔の表情やポーズまで変わってノリノリ。そばで見ていたあかちゃんが、変身したお兄ちゃんを見つめながら手に持っていた新聞のはしをもぐもぐ味見していたのが、とてもかわいくて…(笑)。
おとなも子どもも汗びっしょりになるまで、いっぱいいっぱいあそびました。

堺まちかどのみなさん、たのしいひとときを一緒にすごさせていただき どうもありがとうございました。(U)
[PR]
by kodomoasobi | 2013-05-07 16:02 | グループ訪問おじゃまんぼう

ぽらりすひろば

交野市のぽらりすひろばさんへおじゃまんぼうしてきました。
http://ameblo.jp/polaris-katano/

訪問日は4月22日の午前中です。
なので、栄養士さんのお話がありました。
ママたちがお話聞いている間も、子どもにとっては慣れた広場。
いろいろ子ども同士であそびが展開されていました。
キャッチしたあそびを二つ紹介します。

牛乳パックを組んで、子ども用の椅子がつくってありました。おもちゃ箱のうしろには、製作途中の三つつなぎの牛乳パックブロックが、ガムテープを貼って、紙袋に片づけてありました。結構な重さがあるのですが、「持てるよ~」と言わんばかりに運んで、折りたたみハウスの中に入れ、椅子なのか、机なのか、重石なのか分かりませんが、自分のスペースづくりに役立っていました。
スタッフさんは「見つけてくれてありがとう~あそんでくれてうれしいわ」と、見守っておられました。
重さがあるものって、子どもは好きですね。2ℓペットボトルの水や、お米の袋も、我が子は好きでした。

背伸びしたら、サッシのレールくらいが見える窓。誰かが抱っこしてもらったら、ぼくもわたしも~と4人がいました。順番に抱っこしてもらい、待っている間はサンに手をかけて壁をよじ登ろうとして・・・少し、みんな一緒に見れる瞬間もあったりして、子どもたちは大満足!
スタッフさんは「壁も、みんなで見たらいい風景ね」と、見守っておられました。
素敵な緑の風景が、反対側のサッシからよ~く見える明るいお部屋。
人だかりの窓から見えたのは、おとなりの壁だけ(笑)
みんなでわいわいがたのしいね。

ぽらりす広場さんの前は、かわいい公園。広場につどい、この春幼稚園に行かれた皆さんは、声かけ合って、お花見をされたようです。
この場所に、広場を!と始められたみなさんから、次の世代のみなさんへのつながりを感じました。(M)
[PR]
by kodomoasobi | 2013-05-07 15:24 | グループ訪問おじゃまんぼう